コーすけとCO・OP共済のトップへ

広げよう、安心の輪。みんなで語る乳がんの定期検診

女性がかかりやすい病気である乳がん。
「検診にいかなきゃ」と思いつつも、「痛そう」「こわい」という思いから、検診を先延ばしにしているひとも多いのでは。
そんなひとにもぜひ検診を受けてほしいという思いから、乳がん検診の経験者と未経験者を交えた座談会を開きました。
乳がん検診についての話はもちろん、定期検診への想いを知ると、検診の大切さを改めて実感できます。

今回参加したメンバー

Oさん(43歳)

1児の母

30歳の頃から年に1回定期検診を受け、毎年、乳房エコーとマンモグラフィー両方を受診。

Cさん(42歳)

未婚

会社の健康診断で30代前半から、年に1回定期検診を受け、乳房エコーまたはマンモグラフィーのいずれかを受診。

Hさん(38歳)

1児の母

これまでに受けたことのあるのは、視診・触診のみ。
乳房エコー、マンモグラフィーは未経験。

Nさん(33歳)

未婚

20代の頃に会社の健康診断で視診・触診のみを受診。
乳房エコー、マンモグラフィーは未経験。

乳がん検診で気になること。マンモグラフィーってやっぱり痛い?

Nさん:
マンモグラフィーを受けられたときって、痛かったですか?
Oさん:
一度も痛いと思ったことはないです。
Cさん:
わたしは、いつも痛いなって思う。けど、痛いのって先端とかではなくて、全部を診るために皮膚全体を引っぱる感じが痛いような気がする。
Nさん:
痛いってよく聞くので、検診がこわくって…。
Oさん:
こわがる必要はまったくない。平気よ。
Cさん:
うん、たしかに。痛さっていうのはたかがしれているかも。
Nさん:
乳房エコーも受けられたことがあるんですよね。どんな感じですか?
Cさん:
私は胸が小さいからマンモグラフィーでは胸の上あたりが挟めてない気がして。
胸の上のあたりを診てもらうには、もしかしたらエコーがいいかなと思って受けたのかな。
Oさん:
わたしは乳がん検診で1回ひっかかったことがあるので、乳房エコーもやっています。
お腹のエコーとかと一緒よ。
Cさん:
乳がん検診って、会社員だと健康診断で1年に1回受けられる機会があったりするけど、自営業だったり、主婦だったりすると、なかなか受ける機会がないというのはあるよね。
Hさん:
わたしも行きたいとは思うけれど、なかなか予約を取って行くとか、時間を割いて行くというのが難しくって。ついつい日々の生活に追われてしまって…。
Oさん:
あのとき行っておけばよかった…っていうようにならないためにも、行ったほうがいいよ。
Nさん:
そうですよね。面倒くさいと思って後悔するのは嫌だなと思います。

女性がかかりやすい病気だからこそ、年に1回の定期検診を習慣に。

Oさん:
わたしは検診で1回ひっかかったことがあるので、それがきっかけでちゃんと受けるようにしているんですよ。
ひっかかったときに、もし乳がんだったらと色々考えて…。
子どもを遺して死ねないから1年に1回は受けようと思った。
それと、乳がんって、女性にとってなる確率が高い病気ですよね。
だから、自分がかかってもおかしくないんだなって。
そう思うようになってから、毎年マンモグラフィーとエコーの両方受けています。
Cさん:
わたしも3、4年前に1回ひっかかって病院に再検査に行ったよ。
確かに、1回ひっかかると行ったほうがいいなという危機感を持つようになるよね。
Hさん:
Oさんは、検診に行く日は決めているんですか?
Oさん:
怪しいと言われたときに診てもらった病院で、担当の先生に1年に1回診てもらっているんだけど、検診に行ったときに1年後の予約をして帰っています。
Cさん:
それいいですね。わたし会社員じゃなかったら、面倒くさいと思って行ってなかったと思う。
検診に行って来年の検診日を決めて予約を取るようにしたら、また行くようになるしね。
Oさん:
1年に1回定期検診に行っていれば、乳がんは見つかるかもしれないけど、早期に治療することができれば、治る可能性も高くなるのかなと思っていて。
Nさん:
子宮頸がん検診は年に1回行っているんですけど。
乳がん検診はマンモグラフィーを1度も受けたことがないから抵抗感があるんです。
もし、見つかったらどうしようというこわさもあって。
Oさん:
それは本末転倒じゃない。行ったほうがいいよ。
マンモグラフィーは痛いって言われてるけど、わたしは大丈夫だったよ。

自分自身はもちろん、家族のためにも、乳がん検診は大切。

Hさん:
1年に1回、日にちを決めて検診に行くようにすればいいんですよね。
Oさん:
家族のためよ。自分自身のためっていうのももちろんあるけど、周りのひとのため。
Nさん:
そうですよね。これを機会に、行かなきゃいけないですよね。
Oさん:
義理のお母さんは毎年受診していた子宮がん検診をたまたま1年間とばしたら、その次の検診のときに見つかって…。
何で去年受けなかったんだろうってものすごく後悔してた。
後悔しないためにも行ったほうがいいよ。
Cさん:
Hさんはお子さんが生まれたことによる意識の変化はある?
Hさん:
わたしは、出産前のほうが自分の体のことを気にしていたような気がして。
出産後はそれどころじゃないというのが本音です。
Oさん:
いまお子さんはおいくつなんですか?
Hさん:
10ヶ月です。
Oさん:
子どもを遺して死ねないよね。わたしも子どもを遺して死ねないから受けてるよ。
Hさん:
いまその話をきいて、受けようと思いました。
市町村の定期検診だけだと「まっいいか」みたいな感じになっちゃうから、病院に予約をして実費で行けば、絶対に行くかなと思ったりしています。
無料クーポンを待つよりも、自主的に行ったほうがいいかなと思って。
Oさん:
結局、健康診断って自己投資なのよ。
Hさん:
そうなんですよね。無理矢理行けば、それがきっかけで習慣になって行くようになるのかなと思いました。
Nさん:
習慣づけるっていうのがベストですよね。行くしかないですよね。

※上記内容は個人の感想によるものです。